カンジダ菌という菌によって発生する性病がカンジダ症です。この菌は性器の周辺に多く生息しており、健康な人の場合でも一定数存在しているといわれています。カンジダは性病として知られていますが、実は性に関係なく発症する病気で、性器以外にも発生します。意外と知られていないカンジダについてお伝えします。

顔を伏せている女性
  • ホーム
  • ニキビにも効く抗生物質ミノマイシンについて

ニキビにも効く抗生物質ミノマイシンについて

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩と言われるテトラサイクリン系の抗生物質が主成分の薬です。
細菌増殖に必要なタンパク質の合成を阻害することで、細菌の増殖を防ぐ抗生物質です。
ミノマイシンはニキビに効果が期待できる薬で、治療に皮膚科で処方されることがあります。
この薬は菌を殺すことを目的としているのではなく、菌を抑える薬ですので一定期間服用する必要があり症状が良くなったからと途中で止めてしまうと再発してしまいます。
ニキビはしっかり治さないことには、アクネ菌が残っている限り繰り返しやすいという人も多い症状です。
ほっておいても治りますが炎症が残れば色素沈着にもなります。
外用薬だけではなく内服薬で体の中からの治療に使われています。
皮膚科で処方される薬には錠剤、カプセル、顆粒の3種類のタイプがあり比較的安い抗生物質です。
ミノマイシンはペニシリン系、セフェム系抗生物質が効果のない細菌に対しても効果を発揮する特徴があります。
テトラサイクリン系の中で比較しても1~4倍抗菌力が強いのですが、耐性菌も比較的少なく手軽に使いやすい抗生物質です。
テトラサイクリン系が効果を示しにくい菌に対しても一定の効果が期待できるメリットがあります。
抗生物質としての副作用で、代表的なものは腹痛や下痢、めまい、胃が荒れることで胃の不快感や食欲不振を感じる場合もあります。
長期服用をすると色紙沈着やビタミンK欠乏症などを引き起こす可能性もある薬です。
副作用のうちめまいを感じる人が多いため、運転することが多い人は服用に気をつけなくてはいけません。
元々、肝障害や腎障害などがあると副作用が強く出ることもあります。
胃が荒れやすいため食後の服用で、多めの水と共に摂取して下さい。
ミノマイシンは皮膚科で処方してもらう以外に、個人輸入で購入するという方法もあります。
皮膚科に行って処方してもらうことは出来ますが、手軽に自分で使いたい時には個人輸入をして使うこともできます。

抗生物質を購入するなら個人輸入が手軽

医薬品の一つである抗生物質には市販薬が存在しません。
そのため、抗生物質を入手したいときには基本的に病院を受診しての処方となります。
しかし、忙しい人はなかなか病院を受診する時間が取れない場合もあります。
そんなときには薬の個人輸入を利用して抗生物質を購入するのが便利です。
薬の個人輸入というのは、医療用の医薬品を海外から個人で取り寄せるという方法になります。
医薬品を個人輸入したい場合には輸入代行を行っている業者を利用することができ、この方法であれば通常の通販サイトと同じように利用することができます。
テトラサイクリン系の抗生物質であるニキビ治療薬のミノマイシンも、個人輸入を利用して購入することが可能です。
抗生物質を個人輸入するのであれば、いくつかある輸入代行のサイトのなかでも大手のものを選ぶようにすると良いでしょう。
大手の代行業者であれば薬の取り扱いにも慣れているため、スムーズに取引を行うことができます。
また、そうしたサイトには医薬品の詳しい説明なども書かれているので、ミノマイシンの有効成分であるミノサイクリンの効果や副作用、服用方法なども事前に調べることができます。
個人輸入は普通のネット通販と同じように手軽に利用できるというメリットがあります。
また、抗生物質の価格が病院を受診して処方してもらう場合にくらべて安いというのもポイントです。
ジェネリックの取り扱いもあり、有効成分の用量や薬のタイプなども自分に合ったものを選ぶことができます。
抗生物質を個人輸入する場合、通常は注文してから1週間~数週間ほどで自宅まで薬を配達してもらうことができます。
配送にかかる期間は薬の生産国によって違いがあります。
個人輸入のサイトでは、配送までにかかるおおよその目安なども書かれていることがあるので、参考にすることができます。

関連記事