カンジダ菌という菌によって発生する性病がカンジダ症です。この菌は性器の周辺に多く生息しており、健康な人の場合でも一定数存在しているといわれています。カンジダは性病として知られていますが、実は性に関係なく発症する病気で、性器以外にも発生します。意外と知られていないカンジダについてお伝えします。

顔を伏せている女性
  • ホーム
  • 性病感染を防ぐなら必ずコンドームを着用

性病感染を防ぐなら必ずコンドームを着用

性病は基本的には粘膜接触により感染していきます。
つまり、生殖器に性病のウイルスが潜んでいた場合、相手側の生殖器にもウイルスが移動して性病に感染してしまうという事です。
性病の予防対策としては、そもそも性行為自体をしなければ確実に感染しないのだから、性行為をしないという方法もあります。
しかし、大切なパートナーがいる場合は性行為に及ばなければならない状況が出てくるのでやめた方がいいでしょう。
また、パートナーが感染していないのであれば大丈夫と思われがちですが、性病は性行為以外からも感染する場合もあるので、注意が必要です。
主に性病に感染する原因は、風俗店や不特定多数の異性との性行為が原因になる場合が多く、感染していることに気づかぬまま行為に及んでしまったり、わかっていても黙って行為が行われる場合もあります。
特に気を付けなければならないのが性病のウイルスは生殖器にのみ潜伏するわけではありません。
オーラルセックスによりのどに潜んでいたウイルスが原因で感染する場合もあるのです。
では、どのように対策をするのが最も望ましいのかといえば、コンドームを着用し、オーラルセックスはできるだけ避けて、特定のパートナーとのみ性行為を行えばいいのです。
なおコンドーム着用の際には破れないように注意が必要です。
包皮を剥いて根元までたぐり下げた状態でコンドームの裏表を確認し、精液溜まりの中に空気が入らないようにつまみながら性器の先端にあてます。
そして、コンドームを性器の根元の方へ下げていき、半分以上下げたらコンドームごと包皮をずらし上げます。
その状態からさらにコンドームを下げていけば装着完了です。
このようにきちんと正しい装着の仕方でコンドームを使用しないと、破れてしまってコンドーム本来の役目を果たせなくなる場合があります。
自分と大切なパートナーを守るためにもコンドームを正しい豊富で着用するようにして、性病への感染を防ぐようにしましょう。

オーラルセックスでのどに感染する場合も

性病感染を予防するには必ずコンドームを正しく着用する事が大切となります。
これについては避妊という面からも普段から心がけている人も少なくないはずです。
しかし注意しなければならないのが、オーラルセックスでの性病感染です。
性器同士での性行為に比べ、オーラルセックスでコンドームを着用する人は少ないでしょう。
しかし、オーラルセックスでものどへの性病感染する場合もあり、こういった事実に対する認識が低いのも感染を引き起こしやすい原因となっています。
特に風俗店ではオーラルセックスをサービスにしている所が多く、そのほとんどはコンドームを着用しないので、感染する確率は格段に上がるでしょう。
予防策としては極力オーラルセックスを避ける事ですが、やはり少しでもたくさんの方法で性行為そのものを楽しみたいという気持ちは誰にでもあるものです。
だからこそたとえオーラルセックスであってもコンドームの着用はしてもらうようにしましょう。
そうはいっても中にはパートナーから理解を得られない可能性もあるでしょう。
けれどお互いを思いやれる相手であればきちんと理由を説明すれば理解してもらえるはずです。
こういった点から一般的な性行為においてもオーラルセックスにおいても、風俗店や不特定多数との関係は避けて特定のパートナーとのみ行うのが好ましいと言えます。
どのような形であれ、性行為と言うスキンシップはパートナー同士で愛情を確かめ合い、関係を深めるのに大切な行為でしょう。
だからこそ、性器同士の性行為だけでなく、オーラルセックスでの接触でものどに性病感染する可能性がある事を理解した上で、コンドームの必要性を深く認識し、互いに安心できる関係を築きながら楽しい性生活を送りましょう。

関連記事