カンジダ菌という菌によって発生する性病がカンジダ症です。この菌は性器の周辺に多く生息しており、健康な人の場合でも一定数存在しているといわれています。カンジダは性病として知られていますが、実は性に関係なく発症する病気で、性器以外にも発生します。意外と知られていないカンジダについてお伝えします。

顔を伏せている女性
  • ホーム
  • HIV感染しても治療を続ければエイズ発症は防げる

HIV感染しても治療を続ければエイズ発症は防げる

一昔前、HIVやエイズは世界中に広まり、とてもセンセーショナルに報道をされていました。
そのおかげで死を招く恐ろしい病気として人々に認識されています。
しかし知っておかなければならないのは、HIVに感染してもきちんと治療を続ければエイズの発症は防げるという事実です。
日本に初めてエイズが認められたのは1985年のことです。
長い年月をかけ発症しないための薬が日進月歩で開発されていますが、残念ながら今のところ完治させる薬の開発は叶っていません。
ですが発症は抑えることはできます。
HIVに感染しても、すぐには目立った自覚症状はありません。
無症状である2週間ほどを経て、悪寒や咳・倦怠感・発熱・リンパ節の腫れなどの風邪によく似た症状が現れます。
特徴的な症状では無い為、この段階でHIVの感染を疑う事は難しいと言えます。
症状がしばらく続いた後、体は抗体を作り体調は改善してきます。
このあと5年から10年潜伏期間が続きます。
長い潜伏期間を経て発症に至るのがエイズの特徴なので、この間に発見し発症を抑えることが重要です。
母子感染もこの病の主な感染経路の一つですが、これを防ぐための薬の開発も進歩をしています。
妊娠をした後でHIVウィルスに感染していることに気づく人もいますが、子どもに感染させない治療も可能です。
HIV感染が陽性であっても、人生に絶望する必要はありません。
すぐに治療を開始し発症を防ぐという対策がうてます。
発症を抑える治療をしながら普通の生活を送る人も大勢います。
長い寿命を全うすることもできるので、悲観しすぎはよくないです。
仮に発症してしまい、エイズ患者になったからといって人生が終わったという認識を持つ事は間違いです。
発症した場合の治療薬の開発もまた進んでいます。
潜伏期間の間に発見し早く治療を開始すれば、その分だけ寿命を長く全うすることができます。
早期発見、早期治療は病に対する対策の基本です。
エイズは怖い病気ではありますが、それに対する対策も多く開発されているので、前向きに治療に臨むことが重要となります。

HIVは無症状の期間が長い

HIVウィルスに感染している人は、無症状の期間が長いので自分が感染していることに気付かないまま生活をしている人が多いといわれています。
実際にエイズだと自覚している人よりも、無自覚な人の方が多く、知らないうちにまた別の誰かに感染させていることが懸念されています。
HIVウィルスに感染をしたときに、そのウィルスを抹消させたり完治させる方法が現在の時点ではまだありません。
そのため怖い病気であり、感染したら必ず死に至ると思い込んでいる人が少なくありません。
しかし実際には完治はすることができなくても、早めにHIVウィルスを保持していることがわかっていれば、発症する前に薬を飲むことによって発症をおくらせることが可能です。
そのため早くから薬を服用することで、人生を寿命まで全うできる人も増えています。
もちろんHIVウィルスに感染することで、免疫力が低下しないように心がける生活をおくったり、他の人に感染させないように配慮をする必要があります。
それでも周囲からはエイズに感染している患者であるということはわかりませんし、陽性反応が出ても必要以上にショックを受ける必要はありません。
医療機関を受診して、HIVウィルスが活発になって発症をしないように定期的に薬を飲んでいれば、普段と全く変わらない生活をすることが可能です。
ただ発症をしてしまうとHIVウィルスが活発になることを抑えるのは難しいので、無症状であっても心当たりがあるときは感染していないかどうか医療機関に相談をすることが大事です。
もし知らないうちに感染をしていて、大事なパートナーや恋人にうつしてしまうといけませんから、定期的に確認をすることをおすすめします。

関連記事